bg_boxtop.jpg
bg_boxend.jpg

建築物のリフォーム

耐震リフォームの基礎知識 建築物編
スタッフ奥田

耐震リフォームがなかなか実行できない方へ!

耐震リフォームが、最近の大地震の頻発により、大ブームとなっています。
でも、耐震リフォームだけをしようすると、
破壊検査及びその修復工事を伴う為、
費用が高くなる事、外観に補強金物が現れるなどの美観を損なう
場合も多い事を考えると、必要である事は分かっていても
なかなか実行出来ない方も多いのではないでしょうか?

  • btn_house1.jpg
  • btn_house2_on.jpg

住宅の耐震リフォーム

鉄筋コンクリート(RC)や鉄骨の住宅が選ばれる大きな理由は、なんといっても耐震性の高さにあります。
しかし「木造=地震には弱い」イメージ が「鉄筋・鉄骨=地震に強い」イメージをつくりだしている側面もあります。事実、木造にも地震に強い家があり、鉄筋や鉄骨でも地震に弱い家があります。
では鉄筋・鉄骨造のどのような家が地震に要注意なのかというと…

昭和56年(1981年)以前に建築された
鉄筋・鉄骨住宅

img_photo1.jpg

昭和56年(1981年)の改正建築基準法に基づいて着工された住宅は新耐震基準を満たしていますが、それ以前に建築された住宅は、改正前の建築基準法で建てられているため、鉄筋の施工量の不足など耐震性能が劣っている場合があります。

1階のほとんどすべてを
駐車スペースにしている住宅

img_photo1.jpg

1階が駐車場になっているピロティ形式の住宅は、阪神・淡路大震災で1階がダルマ落としのようにつぶれたケースが数多くありました。
これ以外にも、例えば経年劣化によって耐震不足などを起こしている場合もあります。これらの住宅は耐震診断を受け、住宅の現況をチェックしておく必要があります。

マンションの耐震リフォーム

一般的に次に示すような条件にあてはまるマンションは、
耐震リフォームの必要があるといわれています。
まずは耐震診断を受けることが大切です。

昭和56年(1981年)以前に
建築されたマンション

昭和56年(1981年)に改正された建築基準法に基づいて着工されたマンションは新耐震基準を満たしていますが、それ以前に建築されたマンションは、改正前の建築基準法で建てられているため、耐震性能が劣っている場合が多くあります。

盛土・軟弱地盤や
液状化しやすい地盤の
上のマンション

img_photo1.jpg

建物の基礎である地盤に問題がある場合は地盤改良などの対策が必要です。

耐震性能を低下させる
形態のマンション

1階が駐車場になっているピロティ形式のマンション、耐震壁の少ないマンション、壁が多くても非構造壁ばかりのマンション、形状の複雑なマンションなどは耐震性能が劣っている場合が多いといわれています。

img_contact.jpg

btn_top.jpg

Retro jordans for sale, Cheap foamposites, jordan retro 5, cheap jordans for sale, foamposites For Sale, jordan retro 12, jordan retro 11, Cheap jordans for sale, jordans for cheap, jordan retro 11 legend blue, retro 12 jordans, cheap soccer jerseys, Canada Goose sale, cheap jordans, cheap jordan 12